仙台市若林区の接骨院で冬至を感じる

2017/12/22

こんばんは!

 

仙台市若林区にあるおおつか鍼灸接骨院・整体院の福井です!

 

みなさん今日は冬至ですね(^^)

 

一年で夜が1番長い日。

 

クリスマスを目前に控えたカップル達は

定禅寺通りに足を運んでいることでしょう(´∀`)

 

 

さて、

冬至といえば

 

『カボチャ』

 

 

『ゆず湯』

 

ですよね!!!!

 

私の実家でもかぼちゃの煮物にゆず湯が定番のコースとなっていました。

 

 

昨年の10月に仙台へ出てきて、

初めて迎える仙台での冬。

 

冬至の日には院長のお義母さんが

かぼちゃを振舞ってくれたのを思い出します。

 

そこで驚いたのが、

かぼちゃと小豆が一緒に煮込まれていたこと。

 

そうです。東北では当たり前のことだというのです。

 

関東ではかぼちゃと小豆がコラボすることは無かったのでビックリでした‼️

 

初めて食べましたがとっても美味しいんですね(^^)

 

 

それはそうと、

昔から冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかないっていいます。

 

単なる言い伝えでなく、ちゃんと理由があるみたいです(^^)

 

かぼちゃに含まれるカロテンという栄養素は体内でビタミンAに変化します。

ビタミンAはウイルスの体内への侵入を防ぐ粘膜を強くする働きがあります。

→風邪・インフルエンザ予防!

 

さらには、免疫機能を高めるビタミンC、

末梢の血行を良くするビタミンEなども多く含んでいます。

 

風邪対策にはもってこいの食材なんですね)^o^(

 

冬になると動物たちは冬ごもりをし、

作物は採れなくなっていた昔は

 

夏に採れたカボチャを保存し、熟成させて

冬に食べたそうです。

 

たまにはそんな昔から伝わる伝統行事の意味を調べてみるのも面白いもんです!

 

 

最近になり冷えに悩む女性が増えています。

末梢の血行を良くするのに当院のTBバランス整体がとても適しています。

 

体を整えて手足ポカポカで冬を乗り越えてみませんか?

 

是非一度お試しくださいね(^^)